SAKEBI 美しい酒と若者の叫び

2014年01月号

連載 ありゃまくんの叫び

2014年01月12日 20:16 by NextSakeGeneration

 自省。自身の言動を振り返り、反省すること。人生は自省の繰り返しであるはずだし、そうでなければ何の進歩も成長もない。でしょう?・・・・どこからか、またうるさい話し声が聞こえる、よくぞそんなに言葉が出てくるものだ。屁理屈で小生意気、不届き千万な言葉遣いに無礼な態度。酒は楽しく飲むものだろう。まったくくだらない。相手は何を思っているだろうか。しかしまずい酒だろう。そう思ってふと、横の席を見る。困ったような、怒ったような顔で僕を見ている人がいる。また失敗したのだと気づいた。

 思い返してみれば、酒の失敗はいつからだろう。まだ、酒に慣れていない頃酔ったまま行ったボーリングで球を後ろに投げて、知らない人からえらく怒られた時からだったか、それとも記憶をなくし、目が覚めると便器を抱きしめていた時だったろうか。いや、やはり同じように酔った勢いで初めて大人に小生意気に話した時だったか。

 言いようによっては、酒飲みは反省と自己肯定の繰り返しだと言えるかもしれない。しかしもうやめだ、後悔先に立たず。こんなものはしないほうが良いに決まっている。酒は飲んでも飲まれるな。そうだ、失敗しない良い方法がある。唯一無二、絶対普遍的なやり方だ。

 

 

 


酒をやめよう

 

 


そうしよう、よしできるぞ、大丈夫、大丈夫。

 でも台所の下に飲みかけの一升瓶があったな。

 


もったいない



こればかりは仕方ない、しょうがないから最後に飲もう。これを飲んだらやめよう、きっとやめられるぞ、きっと。

ありゃまくん:単なる酒飲み。21歳。

関連記事

蔵人日記 第一話「仕込み」

2014年02月号

連載 ありゃまくんの叫び

2014年02月号

連載 OXONの今日もどこかで

2014年02月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2014年02月号

・蔵人日記 第一話「仕込み」 ・連載 ありゃまくんの叫び ・連載 OXON...

2013年12月号

サケ×アテグランプリ2013 新潟大学日本酒サークル「雪見酒」 イヴェント...

2013年11月号

潜入 厳夜祭 神戸大学日本酒サークル正宗会 連載 OXONの今日もどこかで...