SAKEBI 美しい酒と若者の叫び

2013年12月号

新連載 ありゃまくんの叫び

2013年12月09日 10:47 by NextSakeGeneration

 京都の身を切るような寒さに震えながら帰り道を歩けば、ありあまりで作れるつまみを考えてみて、「鍋で一杯やるのもいいだろう」とか、どこかの家の夕飯の匂いに今晩のおかずを予想して、合わせるお酒をあれやこれやと思ってみては嬉しくなる。


 結局はスーパーのへたりこんだ惣菜をあさってあっちっちのお酒で健康的に二合ほど飲んでは、また外に飲みに行きたくなる。


 「”寒くってきましたから”としれっと嘘をついて燗酒を飲めますもの。」と隣の誰かが言っていたのをにんまりと聞いて肉豆腐に乗っかった熱々の葱なんか食べながら、店の外を見れば寒そうな様子に、次いで飲んだ熱い酒が更に旨く感じるような気がして、まったく酒飲みで良かったなんて思ったりする。


 ふらふらと外を歩けば、ふらふらと歩いている人を見て苦笑いしながらもこれまた酒飲みで良かったなんて思ったりする。

 鴨川流れる岸辺に思い出は帰らず。


 あの人はもういないのねと、ありもしない思い出と馬鹿げた感傷に浸り、後ろに女の子を乗せた二人乗りに追い越されて、家に帰ればもう二度と酒など飲むものかと思ってみたりする。

ありゃまくん:単なる酒飲み。21歳。

関連記事

蔵人日記 第一話「仕込み」

2014年02月号

連載 ありゃまくんの叫び

2014年02月号

連載 OXONの今日もどこかで

2014年02月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2014年02月号

・蔵人日記 第一話「仕込み」 ・連載 ありゃまくんの叫び ・連載 OXON...

2014年01月号

新年あけましておめでとうございます 連載 ありゃまくんの叫び 寒波緊急対策...

2013年11月号

潜入 厳夜祭 神戸大学日本酒サークル正宗会 連載 OXONの今日もどこかで...